やってしまいました

先日、やってしまいました。面談の約束を「すっぽかし」たのです。

正確にいうと、約束は覚えていました。面談時間を間違えて覚えていたのです。14時からなのに、15時からだと思い込んでいました。

面談相手の事務所近くに13:30頃到着、まだ1時間以上あると喫茶店に入り、仕事を進めていました。

14:30過ぎに先方から「30分待つが、音沙汰ない。キャンセルか」とのメールが入りました。

慌てたこと、慌てたこと。

相手事務所に向けて駆け出し、14:40前には事務所に到着しましたがお相手は次の面談の用意に入られたか、お会いすることができませんでした。

後ほど、お詫びの連絡を入れると親切にもお許しくださり、次の面談をセットしてくださいました。
コンサルタントとして、このようなミスがあると、次は同じ間違いを決して起こすことのないよう、対策を打たなければなりません。

約束時間を失念することがないよう、間違えて覚えることがないよう、どう対策が打てるか。

携帯の待受け画面にスケジュールを表示させることも考えました。が、作業が面倒臭そうです。それでは長続きしません。

結局、名刺大のカードに当日のスケジュールとTODOを記載して肌身離さず持ち歩くことにしました。電車でも簡単に確認できます。

前日夜、スケジュールとTODOを丁寧に手書きすることで、記憶にも残ります。これで「すっぽかし」を排除できそうです。

お相手の方には大変ご迷惑をおかけしましたが、良い学びができたと感じています。

いつも改善する気持ちを忘れずに、毎日を過ごしていきたいと思います。



コメントを残す