会社概要

StrateCusitons のご案内

商号 StrateCutions(ストラテキューションズ)
商号の意味 トップ(戦略)と現場(実行)を繋いで企業の繁栄をお手伝いする。
コンセプト トップと現場を繋げられるマネジャーを育てる。
代表者 落藤伸夫(MBA・中小企業診断士・コーチ)
事業範囲 以下に係るコンサルティング実施及びセミナー開催
・ 戦略を実行に繋げるマネジメント構築・運用
・ 戦略計画策定(経営革新計画等を含む)
・ 企業を経営する上での考え方(ドラッカー、論理的思考等)
所在地 東京都新宿区西新宿7-4-7 イマス浜田ビル 5F

StrateCutionsのビジョン

日本の会社や働く人に、元気になって欲しいと考えています。

元 気な会社とは、現場が上手く働いてくれる会社です。「現場力がある会社」だとも言えます。StrateCutionsでは、会社が元気になることと、働く 人々が元気になることは、根は一緒だと考えています。会社が元気にならなければ、働く人々は元気になりません。逆に、働く人々が元気にならなければ、会社 は元気になりません。

今 まで、一般的には、会社が元気になることを先に考えることの方が多かったような気がします。それも大変、有効な方法で、それで活性化した企業はいくつもあ ります。一方で、働く人々にも元気になってもらうことを同時に考えるというアプローチもあると思います。これを実現する方法として、 StrateCutionsではMCS(マネジメント・コントロール・システム)の活用を提案しています。

StrateCutionsのミッション

MCS(Management Control System)で支援します

MCS とは、体系だったマネジメントを行う方法論として発展してきました。会社がどんな仕組みかも、教えてくれます。MCSの考え方で見ると、どんな会社でも、 その会社どんな仕組みで動いているかが理解できるようになります。どんなマネジャーでも、自分がその中でどんな位置にあり、どんな役割が期待されているか を理解できるようになります。

もともと日本企業は、人と人とのつながりでもってマネジメントすることに長けています。それがあまりにも上手 なので(海外の企業と比べると、その差は歴然です)会社や自分の位置や役割について特段、体系立てて考えなくてもなんとかなってきたのです。ここで体系 立った考え方を活用すれば、鬼に金棒です。

StrateCutionsでは、MCSを活用して、みなさまの会社が体系だったマネジメントができるよう、ご支援します。

代表者のご紹介

 

落藤伸夫02sss

落藤伸夫

代表者、コンサルタント、コーチ

<資格>

・MBA(Bond University)

・中小企業診断士

<学歴>

・Bond University

・早稲田大学政治経済学部

<前職>

・日本政策金融公庫

<得意分野>

・MCS(Management Control System論)を活用した企業活性化支援

・コーチング(エグゼクティブ・コーチング)を活用した経営陣・マネジャー支援

・企業強化に向けた経営戦略(経営革新計画等を含む)の策定支援

代表者の決心

私 には夢があります。働き手たちが生き生きと仕事と生活をエンジョイすることができ、年老いた人たちが安心して暮らせ、若者たちが楽しく学び、これからの輝 かしい将来に飛躍することを期待して心躍らせる社会に、この日本がなることです。私はコンサルタントとして企業のマネジメントを活性化して、それに貢献し たいと思っています。

私がこういう夢を持つようになったのは、もしかしたら、長 い間、金融機関に勤めていたからかもしれません。お金は企業の、ひいては社会の血液だともいわれています。それがなければ企業は思う存分、活躍することは できません。そこで働いている人たちも同じです。企業を元気にし、人々を幸福にするためにお金はなくてはならない要素で、私の第1の仕事人生で、それに携 わることができたのは、とても幸せだったと思います。

しかしお金 は不思議なもので、あれば全てが上手くいくというものではありません。特に事業という場面では、そうではないかと思います。一生懸命に働いても事業が上手 くいかないと、お金に頼らざるを得ません。しかし融資でお金を手にしたら終わりという訳ではありません。逆に、借りたお金が残っている間に事態を打開しな いと、次にはお金を借りないよりももっと悪い結果を招くことになります。その間に、企業を変えることが必要になるのです。私は第2の仕事人生では、コンサ ルタントとして、こちらの分野で貢献したいと考えるようになりました。

企業が活性化すること、働き手 たちが生き生きと仕事することと、そして年老いた人たちが安心して暮らせ若者たちが楽しく学びべる社会になること、これらは全て繋がっていると思います。 これら3つを同時に実現する方法として、企業マネジメントの活性化があります。日本では、この側面はあまり関心が払われてきませんでしたが、欧米では MCS(マネジメント・コントロール・システム)の活用で大きな成果をあげてきました。MCSを単に輸入するだけでなく、日本にマッチし、より大きな成果 をあげられるMCSを考え、多くの企業で活用して頂く支援に、これから全力を尽くしたいと考えています。

Demos

Layout

Wide
Boxed